社協Q&A

ホーム社協Q&A

社協Q&A

名古屋市内の社会福祉協議会について、みなさんがお住まいの地域における活動を中心にQ&A形式でご紹介します。

Q1 社会福祉協議会ってなに?
あなたは自分の住んでいる地域は好きですか。私たちは、大人も子どもも、高齢者も障がいのある人もみなさんが自分の住む地域を愛し、安心して生活できるようお手伝いをしています。
あなたやあなたの周りの人が地域で安心して生活していくうえで、生活のしづらさや暮らしにくさはありませんか。そうした場合に、地域のみなさんや専門機関、行政が知恵と力を合わせて行動し、解決していくこと(=これを「地域福祉」といいます。)を応援している団体、それが「社会福祉協議会(通称:社協)」です。
名古屋市社協では、「住民主体の地域福祉活動の推進」と「在宅福祉サービスの展開」を中心に地域福祉をすすめています。
Q2 社協の活動は?
たとえば、次のような活動をしています。
  • 生活のしづらさや暮らしにくさがあったときにご相談にのります。
  • ひとり暮らしの高齢者の方や、子育て中の親子などが地域で孤立しないよう交流の場をつくります。
  • 体が不自由な方などの生活をお手伝いします。
  • ボランティアをしたい人やしてほしい人の支援をします。
みんなの「こんな地域になったら良いな」「こんなことに困っているから何とかしたいな」という想いが活動の源になっています。
活動をもっと知りたいときはここ(事業紹介へリンク)を押してください。
Q3 どんな応援をしてくれるの?
  1. 次のようなご相談にのります。
    ちょっとしたお困りごとや、障がい者・高齢者の権利擁護に関すること高齢者の虐待に関すること介護予防に関すること福祉サービスの苦情に関すること自立生活をしていくための資金貸付に関することなどの相談を実施しています。その他にも、居宅介護支援事業(介護保険のサービスを受けるためのプランをつくる事業)(外部リンク)を実施しています。
    ご相談は無料で、秘密は守りますので、お気軽にご相談ください。
  2. 地域福祉活動の支援やボランティア活動の紹介などを行います。
    ふれあい給食サービスをはじめとする地域福祉推進協議会の活動や、ふれあい・いきいきサロンなどの地域福祉活動に対して、助成金の交付等の活動支援を行っています。
また、ボランティア活動に関する情報の紹介や、ボランティア活動をしたい人と必要とする人をつなぎます。会議室や機材の貸出し、研修・交流の場づくり、ボランティア保険の受付も行っています。名古屋市社協にボランティアとして登録している方は、福祉や環境、災害に関する活動など幅広い分野で活躍しています。興味のある方は名古屋市社協ボランティアセンターまたは各区社協ボランティアセンターにぜひご連絡ください。
Q4 社協の組織は?
私たちは、「社会福祉法人」という法人格をもった公共性の高い民間の非営利団体です。地域の福祉を進めるために集まった団体などが構成員となっています。
また、社会福祉法第109条に地域福祉を進める団体として位置づけられています。
Q5 社協の職員はどんな人なの?
名古屋市社協及び各区社協には、「社会福祉士」という国家資格を持った職員が多数います。また、各区社協には福祉の熱い想いをもち、地域福祉の活動をお手伝いする専門職員がいます。
地域福祉を進める主役は地域のみなさんで、その活動を応援するのが社協の職員です。
Q6 社協の活動財源は?
地域のみなさんから寄せられる共同募金、賛助会費、寄付金や構成団体からの会費、介護保険収入のほか、名古屋市からの補助金、委託金があります。
Q7 社協はたくさんあるの?
社協は全国すべての都道府県や市区町村にあり、日本国内に1928ヵ所あります(平成23年2月現在)。名古屋市内には、市社協や各区社協が組織されています。